名刺の全体的なデザインの改革

白地に名前などを記載する典型的な名刺から脱却できるとアピール力が高まります。既成の概念を捨てて、全体的なデザインを自分の伝えたいことを示せるように改革してみると人脈を作り、事業を広げる力を大きくできるでしょう。

既成の概念を捨てる必要性

名刺を作成するときに既成の概念にとらわれてしまっている人が多いのが実情であり、それが無難だからと選んでいる人もいます。白地に黒の文字で名前や連絡先などを記載し、ロゴを入れて当たり障りのないものに仕上げるという発想は決して悪いわけではありません。シンプルで受け入れてもらいやすい一方で、平凡な人という印象しか与えられないのが事実です。名刺にとらわれずに自分で自分のことはアピールしていくという考え方もありますが、そのきっかけ作りにもなるのが名刺であり、典型的な名刺の枠組みから外れて話題性のあるものにするのは効果的と言えます。自分や企業あるいは事業内容をしっかりと伝えたいというときこそ、名刺に改革を起こすという発想が役に立つでしょう。

事業内容と一致させる発想

名刺のデザインと事業内容を一致させるというのは改革を起こす上で簡単なアプローチの一つです。IT産業の一端を担っているならパソコンの画面に見立てたり、ネットワークを模式するようなデザインを施したりして、その中に名前や連絡先などを組み込んでいくということができます。医療関係であれば聴診器や注射器などの誰もが知っている医療機器の写真やイラストを利用してみることもできるでしょう。事業内容に着目して誰もが想像するものを組み込むのは簡便で効果的な名刺のデザインの方法です。さらにそこに事業の独自性を示すものを取り入れることができると、名刺を通して明確なアピールを行えるようになり、有用性が高い名刺になるでしょう。

インパクトを重視するデザインも有効

名刺交換をしたときに話題に上げてもらえるようにするのは良い考え方の一つであり、その後も何かにつけて話に取り上げてもらえると宣伝効果が高まります。インパクトを重視してデザインするのも効果的な考え方です。一目で見て忘れないような名刺にするといつまでも覚えていてもらえるでしょう。デザインの秀逸さよりも意外性の方が重要になると覚えておくとデザインがしやすくなります。表面は通常の名刺に見えて、裏返してみるとスマートフォンの画面になっているというような表と裏をうまく活用したアプローチは意外性を生み出すのに効果的です。表も裏も奇抜なデザインにしてしまうという方法もありますが、デザイン力がかなり必要になる点には留意しておきましょう。