目的に応じて使用する意識が大切な名刺

社会に出たら必要だからという理由で名刺を手にする人は多いですが、目的意識を持って使用することが重要です。なぜ名刺を渡すのかと考えてデザインから渡し方までよく考えて実践できるようになると周囲の目が変わるでしょう。

基本的なマナーとしての名刺の利用

名刺交換は社会に出たときの基本的なマナーとして受け入れられています。自分の所属と連絡先を明らかにするという意味合いがあるのが名刺交換です。そのときのマナー次第でどのような人物かを評価する人もいるので、特に取引先や目上の人との名刺交換では試験という意味合いもあるでしょう。立場によって名刺を差し出す位置を下げたり、交換するときの作法を身につけたりするのは人材評価につながるという点で重要になります。手に入れた名刺は将来的にいつでも利用できる人脈につながるものであり、連絡先を確保することができるでしょう。このような目的でのみ名刺を使用するというのも考え方としては良いですが、より積極的な活用を考えるのも賢い方法です。

目的意識を持って名刺を渡す意味

名刺を渡すときにマナーとは異なる目的意識を持つと一枚の名刺の重みに違いが生まれます。名刺を渡すことによって誰に何を伝えるのかと考えてみると良いでしょう。取引先に自分が信頼できる人材だという印象を持ってもらいたい場合もあれば、顧客に対して自分の扱っている商品や自分の特技について伝えることを目指す場合もあります。その目的意識を持つことによって必然的に名刺に記載すべき内容にも変化がもたらされるでしょう。自分の写真を掲載して記憶に留めてもらいやすくしたり、事業内容についてのリストを記載したりするという発想が出てくるはずです。ただマナーを守るのは最初のステップであって、その上でさらに活用しようと考えると名刺の質を向上させる気持ちが生まれるでしょう。

状況による使い分けも大切

顧客に対して伝えたい内容と、企業として取引先に伝えるべき事項とは違いがあります。名刺を使い分けるという発想を持つことも大切であり、自分が会う可能性のあるビジネス上の相手を分類して何種類か名刺を作っておくと効果的です。相手に応じて何を目的として名刺を渡すかを考えて記載内容を変更しておくと、初対面の時からスムーズに意図しているような関係を築きやすくなります。わかりやすい名刺を受け取れば信頼できる人だという印象も持ってもらいやすくなり、セールスや取引に成功する可能性も高くなると期待できるのです。それが成果につながっていくと周囲の見る目も変わり、小さな努力を繰り返して努力している人だという印象を持ってもらえるでしょう。