立場によって異なる名刺のコンセプト

名刺を作るときには自分の立場に応じて異なるコンセプトを反映させることが大切です。企業の勤め人か、大企業の経営者か、個人事業を展開している人かといった立場の違いを意識してデザインすると名刺の意味が生きてきます。

立場による名刺の意味の違い

挨拶を兼ねて自分の情報を相手に伝えるための手段という点ではどのような立場であっても名刺は同じ意味を持ちます。しかし、相手に自分の情報を提供することの意義が立場によって異なるでしょう。勤め人の立場から取引相手に名刺を渡す場合には企業の代表者として、企業が何を行っていて、その何を自分が担っているのかを示すことが目指されるのが典型的です。しかし、経営者の立場になると自分の立場が経営者であるという事実を伝えると共に、事業全体としてどのようなビジョンを持っているかを伝えることが重要になることが多いでしょう。名刺を渡す相手によっても違いはありますが、名刺の意味が立場によって変化する点には注意して名刺を準備することが大切です。

名刺を渡すコンセプトの違い

名刺の意味合いが立場によって異なるのはそもそも渡すときのコンセプトが異なるからです。勤め人として名刺を渡すときには大きな企業組織の中の一員として相手に見てもらい、その役割に応じた情報を伝えるのが基本的なコンセプトになります。それに対して経営者になると会社を象徴する人としての立場を示すことになりますが、自分の個人として主張する必要性が高くなるのが特徴です。経営の主導権を握っている立場としてどのような人格かを伝えることにより、将来性が高いかどうかを判断してもらうことになります。そのコンセプトに基いて名刺に含める内容を検討する必要があるのです。このような基本的な部分での違いが名刺の意味にも変化をもたらしています。

個人事業主のときはさらに自分の主張が大切

個人事業主として名刺を作成するときには経営者に近い状況になります。しかし、経営者はあくまで企業の一部であるという考え方を名刺に込めなければなりません。同じ経営者という立場であっても個人事業主は自分が全てになりやすいという点が異なり、より自分を主張する名刺にしなければならないでしょう。事業内容も含めて自分の特徴だという意識を持って名刺をデザインすることで自分を能力のある人材として受け入れてもらう必要性が高いのが個人事業主の特徴です。企業に比べると立場が弱くなってしまうことがよくあるので、名刺によってまずは興味を持ってもらうことが重要になるでしょう。個人事業主の場合には優れている点や事業の特色を主張するのが名刺のコンセプトになるのです。